印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】

製造現場で選ばれるわけ

3Dプリンター

データから即座に立体化

生産の現場で3Dプリンターが人気となっているのは、従来の製造機器とは違った魅力や利点があるからです。その最たるものが、立体の形状を即座に作り出せるという点です。これまで立体を作るとなると、素材を加工してイメージに近づけていく作業が必要でした。この作業は非常に時間がかかるため、アイデアを即座に具現化したいというニーズには応えられません。しかし3Dプリンターならばそうした問題も解決してくれます。データを投入すればすぐに造形が始まり、形が小さいものであれば1時間もせずに立体を手にすることができます。製造現場やクリエイティブな場における時間短縮を実現してくれるマシンと言えます。複雑な形状を作れるのも、3Dプリンターならではの特徴で人気となっています。製造現場ではクルマのボディのような、曲面が多く使われたデザインの試作品を起こすことがあります。形状の確認に欠かせない工程ですが、図面を確実に立体に起こすには熟練した腕を持つスタッフに任せなくてはならず、誰もが行える作業というわけではありませんでした。3Dプリンターがあれば自動で立体を作り出してくれるため、手で形を作る技術を持つ人間がいなくても試作品を作ることができます。CADデータの資産を活用できるという利点も人気の理由です。企業にはこれまで設計で用いてきた多くのCADデータが保管されています。それらを読み込ませるだけで3Dプリンターが立体を造形してくれるので、データを活用できる場面がさらに広がります。

Copyright© 2017 印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】 All Rights Reserved.