印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】

インクが切れたなら

インク

純正品と再生品

利用しているコピー機のインクが切れたのなら、作業に支障ができる前に新しいトナーを用意しなければいけません。そのためには、機器の名前や型番が必要となりますので、コピー機に貼り付けてあるシールなどを確認しましょう。もしも、そのコピー機がコニカミノルタだったのなら、メーカーが販売している純正品を購入して、交換をするのが一番簡単で確実な方法となります。コニカミノルタという一流メーカーなら、ネット上のショッピングサイトでもトナーを簡単に購入できるため探してみるとよいでしょう。なお、コピー機を使う頻度が多く、トナーの消費が早いのなら、少しでもランニングコストを減らしたいと考えているはずです。その場合は、コニカミノルタの純正品を利用するのではなく、再生品として販売されているものを購入する手段もあります。再生品は使い終わったトナーを回収してインクを詰め直すことで、再び利用できるようにしているため純正品よりも安く購入することが可能です。純正とはインクの質が違うケースもありますが、カラーではなくモノクロを中心に利用するのなら問題はないでしょう。また、再生品のコニカミノルタのトナーもショッピングサイトで簡単に買えるので、少しでも安いコストでコピー機を使いたい方は試すことをおすすめします。ただし、お店によっては再生品ではなく、リサイクルトナーという名前で売られている場合も多いので、検索するときには気をつけましょう。

Copyright© 2017 印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】 All Rights Reserved.