印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】

コストを抑えられます

印刷機

枚数によって契約をする

コピー機を導入するにあたって、リース契約を結ぶことによってコストを抑えることができます。特に、初期費用が掛からないというメリットがあります。ちなみに、業者によって料金体制が異なりますが、月額料金とカウンター料金によって構成されています。まずは、月額料金は月間印刷枚数の目安で選ぶことが必要です。例えば、月に500枚以下の場合には4000円から8000円が相場になっています。枚数が少ない分月額料金は抑えられますが、契約枚数を超えるとその分カウンター料金かかる仕組みになっています。そのため、カウンター料金としてはカラーで30円前後、白黒で8円ほどになっています。そして、月に1000枚ほどであれば月額料金は12000円から18000円ほどが相場になっています。もちろん、カウンター料金も割安になりカラーで20円、白黒で3円ほどになります。このように月間印刷枚数によって変わってくるので、毎月どのくらい使っているのかを確認してコピー機のリース契約をすることが大切です。ちなみに、コピー機は機種によって料金が異なりますが、コピースピードが速いものほど高くなります。その分時間の短縮になります。そのため、月間1000枚を超える企業では、毎分30枚以上のコピー機を選ぶことがポイントです。それに加えて、リース料金を抑えるためには、機能を絞り込むことで安くなります。例えば、カラーを使わないのであれば白黒コピー機を選ぶことで、リース料を大幅に減らすことができます。この場合、月額料金が5000円以下に抑えられます。そして、月間コピー枚数を想定して、見積もりを取ることで購入するよりもコストを抑え無駄なく使うことができます。

Copyright© 2017 印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】 All Rights Reserved.