印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】

故障かなと感じたら電話を

印刷機

連絡しやすい関係

コピー機を使用していると、紙詰まりが発生してしまう場合があります。誰でも簡単に対応できる紙詰まりがある一方で、素人では解決できない場合もあります。紙詰まりしている場所がポイントです。コピー機の奥のほうで紙詰まりが発生してしまうと、手を伸ばしても届かない位置もあります。紙詰まりしているのが一枚だけであれば分かりやすいのですが、何枚かが同時に詰まってしまう場合があります。緊急の要件ですから、すぐに修理の電話しましょう。コピー機は電気を使用していますので、安全対応が重要です。精密機器なので、素人判断で修理しようとすると、かえって故障の原因になる場合もあります。まずは電話で連絡をしてみて、症状を伝えましょう。コピー機の修理は、時間がかかる場合と、意外なコツで対応すれば短時間で解決できる場合もあります。短時間で解決できる場合でも、専門家が専用の道具を使用して対応するからこその場合もあります。コピー機の紙詰まりそのものは、詰まってしまったコピー用紙を取り除けば大丈夫です。コピー用紙を取り除く時の作業がポイントです。電源をオフにして、電源コードをコンセントから抜いて、感電しないように作業します。コピー機の奥のほうや、狭い場所に入れられる道具を使用して、詰まっているコピー用紙を除去します。コピー用紙が詰まる原因があれば、解決します。場合によると、コピー機の部品が外れていて、コピー用紙が引っかかりやすくなっている場合もあります。その場で修理できる場合もありますので、専門家の判断に従いましょう。

Copyright© 2017 印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】 All Rights Reserved.