印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】

印刷機

故障かなと感じたら電話を

コピー機でコピー用紙の紙詰まりが発生したら、安全に対応します。素人判断で解決が困難な場合は専門家に電話して対応してもらいます。紙詰まりしやすい状況が発生していたら、原因箇所を修理してもらいます。専門家の判断に従いましょう。

詳しく見る

3Dプリンター

製造現場で選ばれるわけ

立体を造形できる3Dプリンターは、製造現場を中心に導入が進んでいます。この理由としては、3Dプリンターがあれば短時間に試作品を作れることが考えられます。複雑な立体を特別な技能を持たなくても作れるのは画期的な技術と言えます。

詳しく見る

インク

インクが切れたなら

コニカミノルタのコピー機のインクが切れたのなら、新しいトナーに交換すれば、再び使えるようになります。なお、メーカーが販売する純正品もありますが、ランニングコストを抑えたいのなら再生品の購入もおすすめです。

詳しく見る

印刷機

コストを抑えられます

コピー機をリースする時には、月間印刷枚数を基準に選ぶことが大切です。例えば、月に500枚ほどであれば4000円から8000円ほどが相場になっています。そして、月額料金が高いとカウンター料金が低くなるため、想定をして契約をすることが大切です。

詳しく見る

コピー機

導入するメリット

中古のコピー機、複合機を導入する企業が増えています。万が一破損しても、廃棄するだけですからランニングコストを軽減出来る点が魅力的です。本体価格も安い為、経営を圧迫する可能性は殆どありません。納期も早いので、業務の効率化を推進出来るはずです。

詳しく見る

安い費用で導入したいなら

トナー

自社財産だから売却も可能

業務用のコピー機は値段が高く、購入するとなると決して安くありませんが、それを低価格でオフィスに設置したい時は、中古を選択肢に加えるのが賢明です。中古なら少ない費用でもコピー機を導入できますから、事業予算や経費削減が目的の場合でも大きく貢献してくれます。初期費用を抑えてコピー機を設置する方法にはリース契約もありますが、こちらは契約期間が満了した後は、買取をしない限り返却扱いになりますので、自社財産にできません。中古を購入した場合は契約期間などに束縛されることなく、使い続けられますので、そのことにおきまして一日の長があります。また、リース契約では途中で解約できないため、もしも不要になった場合でも、期間期間を満了するまでリース料を支払い続けねばなりません。特に起業したてで事業が軌道に乗っていない状態では、どれくらいのスペックのコピー機が必要か、把握するのが難しい場合もあります。ですから最初は様子見として使い、業務に必要なスペックが分かってから改めて導入し直すのが目的でも、中古は打って付けです。リースでは不要だからと言ってコピー機を勝手に売れないうえ、契約途中の解約料や違約金も無視できない出費になります。ところが中古で購入したコピー機なら、それは自社の所有物ですから、買い直しの際は買取や下取などで売却することが可能です。次にコピー機を買う際、支払い代金の一部として充当することにも活用できますので、事業資金を無駄にしない点もメリットになっています。

Copyright© 2017 印刷コストを抑えるために中古のコピー機を使おう【メリットとは】 All Rights Reserved.